姓名判断したいターニングポイントとは

>

姓名判断で仕事を決める

適職を姓名判断で見つけよう

人生の中で就職や転職など仕事は大きなターニングポイントとなります。
自分にあった適職ならば、いきいきと仕事が楽しくできますよね。
姓名判断の5格の中で吉数ならば人格では積極的で前向きであり、外格では職場内での人間関係でよき上司や先輩などに恵まれ、地格では、他人からの印象がよく社会性富んでいるといわれています。
自分の性格のプラスのエネルギーの部分を最大限発揮できるような適職を見つけてはいかがでしょうか。
また、現在の仕事で人間関係がうまくいかなかったり、自分あっていないのではないかと悩んだりすることがあるかもしれません。
姓名判断で自分自身を知り、人間関係での改善あるいは転職するのに参考にすると楽になるかもしれません。

定年後に姓名判断で改名する

定年過ぎた男性や女性の60歳~70歳の方が、晩年は穏やかに過ごしたいということで改名を希望される方が増えているそうです。
人生最後のターニングポイントになりますね。
仕事で忙しくしていた方ほど相談にこられるようです。
今まで生きてきた生活と一変した日々を送ることになりますので、運勢自体を変えたいと思うのではないでしょうか。
晩年では、大切なこととは、なんでしょう。
それぞれ趣味を楽しむことによって、よい対人関係を築きたいですし、金運にも不安を感じないように恵まれたいですね。
これまでとは違ったものが求められます。
姓名判断で改名することによって、友人に恵まれた、ストレスのない生活を過ごすことが出来れば、人生を楽しめます。


この記事をシェアする