姓名判断したいターニングポイントとは

>

姓名判断で人生のターニングポイントを考えてみる

姓名判断はどのように鑑定するのでしょうか

人の姓名の文字の画数で、天格・人格・地格・外格・総格の5つの格数を計算します。
それぞれの画数に基づいた解釈から、性格や結婚運・仕事運・家庭運・健康運などの運勢を判断します。
生年月日・陰陽二気・五行・三才配置などと合わせて、5つの格数のバランスや漢字や生年月日との相性など総合的に鑑定していきます。
それぞれの画数には、大吉数・吉数・凶数と意味があります。
男女の違いもありますし、凶の画数があっても他の文字が補われる場合もあります。
流派によって解釈は違い、同じ画数でも吉や凶が異なりますので、インターネット上での無料サイトでは、違う結果がでることもよくありますので、詳しい結果を望む場合は、信頼の出来る占い師に総合的に判断してもらってはいかがでしょうか。

改名で運勢を変える

自分の名前の画数がとても悪かったり、運勢が悪いと感じる場合、改名で運勢が変えられるのならば変えたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
でも簡単に名前は変えられるのでしょうか?
姓名の名は、正当な理由だと認めてもらえれば、変更は可能です。
戸籍からの改名に関しては、申請書を家庭裁判所に提出します。
しかし、戸籍を変えなくても、大切なことは、新しい名前を家族・友人に周知してもらうことです。
仕事の名刺・インターネットの名前など本名が必要な時以外は全て新しい名前を使います。
自分自身にも暗示をかけて新しい名前を常に意識して浸透させていくのです。
新しい名前が自分の名前だと感じられるようになると、運勢が良い方向へと動かしていくことができるようになります。


この記事をシェアする